fc2ブログ
パタヤが好きで、早期退職して移住した親父の日記

謝罪ボーイ

その時のこんやんは

どうかしていました。

誕生日パーティーを

やってゴールドまで

買ってあげたのに

娘は否を認めないし

逆ギレされて

あなたは友達の

言うことだけを

信じるのかと

言われて

メッセージは

無視するし

なにかプライドを

傷つけられた

気持ちでいっぱいで

もう一度チャンスを

欲しいと娘に

お願いして

しまったのです。

こんやんが

メッセージを

送っても既読無視が

続いていました。

それでも

意地になっていた

こんやんは

バーのママさんに

メッセージを

送っても無視するなら

こんやんをブロック

するように伝えて

欲しいとメールします。

そして、しばらくすると

娘に伝えたから

メッセンジャーの

メールはブロックされた

と報告があります。

こんやんは

これで諦められると

思っていました。

が、しかしなにか

モヤモヤしてます。

そしてLINE も

繋がっていたので

娘のLINEに

もう一度チャンスが

欲しいとメッセージ

を送ってしまいます。

すると、娘から 

キモい的な

返信があります。

確かにメッセンジャーを

ブロックするように

伝えたこんやんから

LINEにメッセージが

来るともう

ストーカー的行為です。

当然その返事からは

こんやんが

メッセージを

送っても既読無視です。

そして娘の

機嫌を取るために

新しいスマフォを

買ってあげると

メッセージを

送ります。

すると、また娘から

あなたは

買ってあげた物を

取り返すから

要らないと

返事があります。



そして、とうとう

意を消して

バーに行きます。

娘が返してきた

ゴールドブレスレットを

持って!。

バーに行くと娘は

居ません。

がしかしブレスレットを

持ってこんやんが

来ている事を

伝えてもらうと

娘がやってきます。

そしてこんやんは

娘に謝罪して

娘の腕に

ブレスレットを

付けてあげます。

するとあっさり

仲直りです。

しかし、新しい

スマフォを買うことに

なるのです。

では、また!。











無視

自分の顧客だと

認めない娘は

明日話すから

今夜はバーには

居ないといいます。

しかし怒りが

収まらない

こんやんは

バーに行ってみます。

す、すると

バーの全員に

飲ませている

気前の良い

顧客が

娘を前にして

飲んでいます。

それを見てしまった

こんやんは

なんかモヤモヤします。

娘の仕事は

十分理解しています。

囲っているわけでは

ないので文句は

言えません。

が、しかし

正直に太客が

来ている事を

話していて

くれてたら

仕事の邪魔を

しないで

バーには行きません!。

娘に嘘を付かれた

事にイライラして

娘に近寄り

最低な行動を

取ってしまいます。

酔っ払っていたとは

言え娘の腕にある

こんやんが買ってあげた

ブレスレットを

取り上げようと

してしまいます。

娘は抵抗するので

あきらめましたが

次にこんやんは

その顧客に

話かけてしまいます。

ただ一言

日本人ですかと?

顧客はそうだと

言います。

それを見ていた

従業員が

揉めると思って

止めに入ります。

そしてとうとう

娘はブレスレットを

外してわたしに

返して来て

一言これで

あなたとは

終わりだと!。



ブレスレットを

受け取った

こんやんは

もうバーには

要られません。

一人寂しく

部屋に戻るのでした。

その後バーの様子を

見に行った

友達から

娘はその顧客と

手を繋いで

何処かに行って

しまったと!。

報告があったのです。

こんやんは

これで娘への

ストレスも

無くなるし

娘は沢山いると

自分に言い聞かせて

いました。

しかし翌日

自分がしてしまった

事に反省して

娘に謝罪の

メッセージを

送ります。

しかし既読には

なるけど

いくらメッセージを

送っても無視です。

ブロックしてくれれば

諦めるけど

ブロックは

しないで完全既読無視

です。

でも諦められない

こんやんは

思い切った

行動を取って

しまうのです。

では、また!


チェンマイから

戻ってきて

なにも知らない

こんやんは

翌日娘は

ゆっくり休んだんだと

思っていました。

ところが具合が

悪いとメッセージが

あります。

こんやんは

優しさを

見せて具合が

悪いなら

早めにペイバー

してあげるから

部屋でゆっくり

休むように

返信します。

すると何時に

来れるかと

やたらと時間を

気にしてきます。

その日はゴルフ

だったこんやんは

食事会が終わった

20時頃だと

言うとそれだと

もう寝たいから

もう少し早く

してほしいと

言います。

仕方がないので

食事会に行く前の

17時はどうだと

言うとバーに

来てくれと言うので

なにも知らない

こんやんは17時に

バーに行き

娘をペイバーし

娘の部屋の前まで

娘を送ってから

食事会に向かいます。



その日の食事会は

韓国焼肉だったので

途中娘が

きちんと寝ているか

確認のメッセージを

送ります。

様子を伺うためにビデオ

通話をしてみますが

娘は出ません。

カメラの具合が

悪いとからと

メッセージがあります。

でもその時は

具合が悪いと

言っていた娘を

信じて早く寝るように

伝えます。

が、しかし

昨日は黙っていた

友達がまたまた

その日の夜

顧客の横に

座ってバーに

いる娘を目撃

してしまうのです。

こんやんの

友達に目撃されて

しまった娘は

夜中にあなたは

怒っていますか?

とメッセージが

来ます。

こんやんは

なにも知らないので

ビデオコールに

出なかった事に

付いてなのかと

思い怒っていないから

早く寝るように

返信します。

そして、翌日

二度も目撃して

しまった友達は

こんやんに

娘の目撃情報を

伝えて来ます。

嘘が嫌いな

こんやんは

激怒します。

娘に何で

嘘を付いたのかと

メッセージで

詰め寄ります。

すると娘は

わたしの顧客でない

翌日誕生日の同じバーの

娘のバースデーケーキを

持っていった

だけだと言います。

こんやんはバーの

ママのFBを見ているので

その日の夜中に

その顧客とバーの

メンバー全員で

カラオケに行って

娘も一緒に

楽しんでいる

書き込みを見つけます。

全て娘の太客が

来ているので

わたしに嘘を

付いてこんやんに

バーに越させないように

していたのです。

こんやんは

あれだけ娘に

入れ込んで

お金を使って

来たので

娘の嘘が

許せなくて

その夜とうとう

事件を起こして

しまうのです。

では、また!。








チェンマイ最終日

チェンマイ最終日

夕方の飛行機まで

時間があるので

朝食を食べて

チェックアウト時間まで

部屋でまったり

朝のやることを

やったりして

過ごします。









でもやることを

やっているときも

スマフォに

メッセージが

沢山来ているようで

娘は気にして

います。

こんやんも

しらけてしまって

途中でやめて

しまいました。😁

でも怒っては

いけません。

仕事なのか

プライベートなのか

わかりませんが

大人の余裕を

見せます。😁

そして午後から

飛行機の時間まで

タクシーをチャーターして

市内観光します。



もちろん

沢山の写真を

撮らされます。😁










昼飯はカオソーイ

有名店で食べます。

カオソーイは

めちゃめちゃ

美味しいです。








蟻のスープ

なんかも食べてみます。

なんとも言えない

味です。




これは食べたことがある

スープです。




昼食後も

市内観光します。

モチのロン

写真を沢山

撮らされます。














そして早めに

空港に行き

チェクインします。

チェンマイ空港は

自動チェクイン機が

使えないので

面倒くさいところも

あります。










帰りの飛行機も

娘のために

有料の窓側を

予約しましたが

娘は爆睡します。

こんやんの

思いやりなど

知る由もありません。😁

そしてスワンナプーム空港に

到着しこんやんの

車でパタヤに

戻ります。

パタヤには20時頃

到着します。

その日までは

バーファインは

払ってあるので

娘の部屋の近くで

降ろしゆっくり

休むように伝えます。

しかし、娘は

バーに行き

顧客と飲んでいる

所をわたしの

友達に目撃

されてしまうのです。

そして

その後事実を知った

嘘が嫌いな

こんやんは

激怒してしまうのです。

では、また!。

チェンマイ観光

チェンマイ2日目

朝食を食べてから

娘にタクシーを

手配してもらって

観光に向かいます。



行きたい所は

娘に任せます。



娘は前日に買った

民族衣装を着て

観光に行きます。

裁判娘と同じ

シチュエーションです。😁

写真をやたら

撮らさらるのも

同じです。

行く先々で

撮らされます。

でも一緒に

撮ろうとは

一切言いません。😢



タクシーは

一日貸切です。(1500バーツ)









唯一のツーショットは

タイガーパークで

係員が撮影した

写真だけです。

他は全て

こんやんが

娘の写真を

やたら撮らされます。









昼にはこんやんが

リクエストした

カオソーイを

食べます。



娘は何故か

クイティアオを

食べます。




本場のカオソーイは

メチャ美味しかったです。

午後の観光も

やたらと

写真を撮らされます。










娘との観光は

楽しかったです。

日本に住んでいたら

簡単には体験できません。

ホテルに戻って

風呂に入ります。

疲れが取れます。

バスタブ付きの

ホテルを選んだ

かいがあります。

夕食は近くの

レストランで

タイ飯を食べます。






最高です。

ビールも飲んで

ほろ酔いで

ホテルに戻って

やる事をやって

寝ます。

そして翌日の

最終日から

娘の行動や

態度が変化

していくのでした。

では、また!。

スポンサードリンク

Copyright © それでもパタヤが俺を呼ぶ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]