FC2ブログ
ムクダハーンなど、パタヤが好きで、早期退職して移住した親父の日記

パタヤへ

最終日の朝がやって来ます。

ニワトリの大きな鳴き声で

起こされます。


娘は日曜日の朝は近くの   

お寺に行くと言います。


5時に来ると言っていた水は  

まだ来ていません!。


流石タイです。


約束の時間は守りません。


仕方がないので先に

お寺に行きます。


食べ物や水を持って

行きます。





お寺に行くと近くの住民

が集まって来て持ち寄った

食べ物を2人分に分けて

丸テーブルに並べます。


何故2人分なのかその時は

分かりませんでしたが 

しばらくすると、お坊さん

が2人やって来ます!。


お坊さんに食べ物を渡して

一人ひとり水やカオニャイ

を渡します。


こんやんは膝が痛いので

膝歩きは辛いです。


来た時と帰るときに

座ったまま手を合わせて

から3回床に頭を下げて

手を床に付けます。


そして家に戻ると水を

入れる業者が来ています。


1回に1000リットルまで

なので2往復します。


1000リットルで150バーツ

らしく2000リットルで

300バーツです。


手持ちのお金が足りなかった

らしくこんやんに要求して

来ます。


どんだけ~!。


それでもタンクに水が

入ったのでポンプの電源

を取ってシャワーから水が

出るのが確認します。


そして無事シャワーが出るのを

確認し、こんやんは水シャワー

を浴びます。


お湯が出ないので朝の水

シャワーは少し寒いです。


タイでも寒い時期はあるので

その時はどうするのかと

聞いて見たら、答えは

簡単でシャワーは浴びない

そうです。


そして、朝食を食べてから

お別れの時がやって来ます。


5日間お世話になったので

母親に3000バーツを渡します。


こんやんはこれで4人目です。

娘の親にお金を渡すのは。


タイでは当たり前のようです。


サヨナラを言ってパタヤに

向けて走りだします。


10時間のロングドライブの

始まりです。


しかし、娘とはこれから
 
またトラブルが発生

するのでした!。


では、また!。






シャワー

娘はこの場所は水道が

来ていないから水を

買っていると言います。


確かに外には1000リットル

入るタンクが置いて

あります。


しかし、水浴びのポリバケツ

にいちいち水を貯めないと

行けないので面倒くさい

と言います。


そして、本題を話し出します。


シャワー用のタンクが欲しい

と言い出します!。


水を入れるタンクなんか

安いだろうと思い見に行く

事にします。


またまた10Kほど走り

ホームセンターみたいな

所に母親と娘と娘の子供を

連れて向かいます。


到着すると、そこには

沢山のタンクが並んで

います。








子供はゲームいつも

しています。


そして、1000リットルの

タンクかと思えば少ない

から2000リットルがいいと

言います!。


それにシャワーと蛇口

がセットになってるやつ

とポンプを欲しがります。


全部で12000バーツほど

です。


娘はこんやんにタンクは

2500バーツぐらいだから

高くないと言ってたのに

やられました!。


ポンプが高かったのと

2000リットルのタンク

にしたから高くなった

ようです。


しかし、今更払えない

とは言えません!。


カードで決済します。


そして家に戻って

しばらくするとタンク

がやって来ます!。


ソファーもそうでしたが

すぐに持ってきます!。


設置はどうするのかと

思ったら母親の弟が

建築関係らしく設置

してくれます。


しかし、途中でパイプが

足りなくなったりして

10K離れたホームセンターに

行ったりします。


周りに車を持っている

親戚がいないようで

こんやんの車が大活躍です。


そして設置が終わり

水を入れるのを待つ

だけになります!。


設置が終わったのは

もう夜だったので

翌日の朝5時に水を入れに

来るそうです。


ゴゴゴ時と思いながら

家族が周りにいるので

やることもやれず

眠るのでした!。


さてさて、シャワーは

出るのでしょうか!?。


では、また!。








手桶で水浴び

またまたムグダハーンの

ロビンソンに向かいます。


BigCもあるけどロビンソンが

大好きです。


ロビンソンに到着して

娘は靴屋を物色します。


その間子供たちはゲーム

コーナーで遊んでいます。


サンダルなんでなんでも

良いのかと思ったのに

人の金なんでこだわりが

凄いです。


靴を売ってるところを

くまなく確認して、最新作

のシャレたサンタルを

欲しがります。


お値段なんと1200バーツ

です。


サンダルごときに約4200円

自分で買うなら100~200バーツ

でしょう!?。


ムグダハーンに来てから

食事だなんだて、ガソリン代

も入れれば結構な出費です。


ガソリンはE20と言う日本

にはないエタノール20%

の混合ガソリンを入れてる

ので多少は安いですが


往復4回は満タンにしないと

いけません。


そんなこんやんのフトコロ

を気にする事なく買物が

終わると、帰りにケンタッキー

を欲しかったりします。





そして、帰りにこんやんに

クイッティアオを作って

あげるからと、市場によって

肉や、クイッティアオに

必要な食材を買います。


もちろん支払いはこんやん

です。


そして家に戻り、シャワーは

ないので、バケツに貯めた

水を手桶で救って水浴び

します。


そして娘は最後に大きな

お願いをして来ます!。


これ以上は勘弁してよ!。


では、また!。

ムクダハーン観光2

翌日、娘の子供は学校に
 
行かないようです。


どうやら少し遠い、娘も 

行った事のない所に
 
行って、タンブンしたい

ようです。


こんやんは写真を見せられ

なんか凄そうなのでOK

と言って母親と子供を

連れて向います。


途中から弟の嫁と子供 

も乗り込んで来ます。


こんやんは運転手です。


山道を進みます。

途中穴ボコが空いてたり

するので注意しながら

進みます。


結構走ってやっと目的地

に到着します。


メコン川沿いの場所です!。





十二支のオブジェもありました。










色んな意味があるんでしょうが

白い龍です。





そこでお供え物を買って

それを持って龍の周りを

回ります。


最後にお供え物を

乗せて、お線香を持って

お祈りしてから、お線香を

刺します。





お母さんだけ、お祈りが

長いです。


こんやんに買ってもらいたい

物をお願いしてるのでしょうか!?。


その後、100Bで集合写真を

撮ります。


100Bにしてはキチンとした

額に入れてくれます。






その後、名物なのか子豚の

丸焼きを食べに施設内の

レストランに行きます。





子豚の丸焼き1200Bもします。

しかし、こんやんの財布

なので気にもしません。








ソムタムとカオパットも

注文します。


他にペプシコーラ大2本と

水大1本と氷を注文します。


みんな水よりペプシコーラが

大好きです。


こんやんと娘だけ水を

飲みます。


子豚の丸焼きの部位を

見ると気持ち悪くて

食べられない所

もあります。








食べ切れない豚はお持ち帰り

します。


お支払いは当然こんやんです。


お腹がいっぱいになったので

帰るのかと思えば娘が
 
サンダルがボロボロだから

買いに行きたいと言い出します。


仕方がないので、そこから

またムクダハーンの中心部に

向かうのでした!。


人の財布だと思って

勝手な奴らです。


では、また!。






映画

映画の時間を調べると18:30

からです。


パタヤではSFシネマで

よく映画を見るんですが

ムクダハーンにはなく

あるのはMajor Cine Plexです。 


パタヤだとアベニューに

あります。


娘の子供が帰って来て

母親も連れて行きます。


到着して先にチケットを
 
買います。


タッチ画面で、座席を指定

して、そのままクレジットカード

で決済出来ます。


一人200Bで4人で800Bで

タイの映画館は安いです。


まだ、時間があったので
  
先に食事します。


MKに入ります。

パタヤにはポン酢も

ありましたが、ムクダハーン

にはありませんでした。














当然金額は気にせず 

注文します。


お腹がいっぱいになって

まだ少し時間があるので

映画館は少し寒いと

余計な事を言ってしまった

ら上着を欲しがります。


仕方がないので娘の子供に

上着と母親にブランケットを

買って上げます。


そして、時間が来たので

ポップコーンを買って

中に入ります。


ポップコーンも食べ切れないほど

大きいのを欲しがります





映画は渡辺謙も出ていて

楽しめました!。


帰って早めに寝るのでした。


そして、日程はまだあるので

まだまだお金はかかるの

でした!。


では、また!。






スポンサードリンク

Copyright © それでもパタヤが俺を呼ぶ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]