FC2ブログ
パタヤが好きで、早期退職して移住した親父の日記

いざホーチミンへ

ホーチミンに行く日が

やって来ました!。


車でヤマちゃんを

拾ってからガソリンを

入れてスワンナプーム空港

に向かいます!。


すぐに高速に乗れるので

渋滞もなくスムーズに

到着します。


駐車場は1番上でグルグル

回って空いてる所を

見つけて駐車します。


1日250バーツです。


久しぶりのスワンナプーム

空港でなんかテンションが

上がります。


ベトジェットエアに  
 
チェックインして

イミグレに向かいます!。


少し混んでましたが

問題なく抜けます。


少し腹ごしらえを

してからゲートに向かいます。




ベトジェットエアは

初めてでしたがLcc

なのでエアアジアと

変わりません!。







離陸して1時間ちょいです。





着陸してバスに乗って

イミグレに向かいます。


すると長蛇の列です。





ひたすら待ってイミグレを

抜けます。


ベトナムは入国カードが 
 
無いので帰りのチケットを

見せる必要があります。


そして、入国してから

まずはATMでベトナムドン

を手に入れます。


空港の外に出ると

人でごった返しています。


Grabでタクシーを呼ぼうと

したら近くに車が見つかり

ません。


仕方がないので空港バスで
 
市内に向かいます。


バイクの多さにビックリ

しながらホテル近くで 

降ります。


2万ドンだったので

100円程です。


そこから歩いてホテル

に向います。




歌劇場のすぐ近くの

ホテルにチェックイン

します。


一息いれてから

いよいよレタントン通り

のマッサージ店に

向かいます。


そこには大勢の美人が

待っているのでした。


では、また!。









ホーチミンに行きたい!。

パタヤの娘たちに疲れた

こんやんはある日

新しい刺激を求めて

スマフォを見ていると

ベトナムの色白巨乳の

言葉にピンと来ます!。


こんやんは無性に

行きたくなります!。


そうなると情報収集が

大切です。


ネットで調べまくります。


どうやら行くならホーチミン

が良さそうです!。


もうかなり前に1回

行った事はありましたが 

その時はそんな考えも

なく、観光だけでした!。


その時は綺麗な女性が

沢山いる床屋があるなぁ

と思う程度でした!。


調べて行くうちに

あれば偽装床屋だった

のかと納得します。


そして、飛行機チケットを

調べて見ます。


すると、ウタパオからは飛んで

ないけど、スワンナプームから

直行便が飛んでます。


ベトジェットエアと

ジェットエアの2社もあります。



ドンムアンは遠いので

スワンナプームなら高速

に乗れは1時間半程で

到着します。


それに往復15000円程です。

ベトナムとタイは時差も

なく飛行時間も1時間半と

とても近いです。


それなら行くしかないべと

ヤマちゃんに声を掛けると

カジノがあるなら行っても

良いと言うので、日程を

決めて、ベトジェットエア

の航空券とカジノ近くの

ホテルを予約します。





後は行くだけです。


ぼったくり大国と言われて

いるので注意して楽しい

旅行にしたいと思います。


さてさて、どうなる事やら。


では、また!。








返済遅れ

娘から連絡がないので
  
こんやんは最後に
 
もう娘に振り回されるのに  
 
疲れたからもう待たないと
  
メッセージを送ります。


すると2~3日して娘から

スタンプだけ送って来ます。





こんやんはもう返信しません。


同じ事の繰り返しなので。


こんやんも成長したものです。😁



こんやんが返信しなくても

娘からはその後、何も連絡は

ありません。


さて裁判後、毎月20日

までに3000バーツを

振り込まれるはずなんですが

ここ2ヶ月は遅れる時が

出てくるようになって

来てます!。


どうやら今の男が若くて

日本で働いているようなん

ですが、毎月お金を送る

のがきつくなっている

ようです。


しかしこんやんにはもう

関係有りません!。


しつこく取立します。


今回は金がないなら

ゴールドを売れと

言ってやりました!。


もともとはこんやんのお金で

買ったものです。


売ってこんやんに返済

しても僕に戻るだけなん

ですけどね!。


さてさて、これからも

キチンと返済してくれ

るでしょうか!?。


では、また!。








ローンが払えない

数日後、もう終わったと    
 
思っていた娘から連絡

があります。


泣きながらお願いする

スタンプを送ってきます。





そして、バイクのローンが

払えないから助けて

欲しいと!。


こんやんは今更と

思いつつビックリした

スタンプを送ります。





その日こんやんはゴルフ中

でしたがひっきりなしに

メッセージが来ます。


私を助けて欲しいと。

 
しかし、すでに娘に対して

信用が無くなっている
 
ので、無理だと答えます。


すると娘から、こんやんが  

助けてくれないとわたしは
  
死ぬ言い出します。


一応いくら必要なのかと

聞くと、全部で6000バーツ

だと言います。


流石に6000バーツも

会いにも来ない娘に

渡す気にはなりません。


そこで、こんやんは取りに

来るなら助けてあげても
 
良いと答えます。


しかし、娘はいまバンコクに

いて直ぐにはパタヤに行けない  

と言います。


こんやんは無理だと答えます。


すると娘は少しでも

良いから助けて欲しいと

言い出します。


いくらなら助けてくれるかと

聞いて来ます。


こんやんは考えます。


そして、3000バーツ

だけ助けてやるから

後はこんやんに直接

会いに来たら助けて

やると答えます。


娘はそれで納得したのか

チョロいもんだと思った

のかもしれませんが


感謝のスタンプを送って

来ます。


そして、こんやんはゴルフ中

の合間をぬって3000バーツを

振込ます。


しかし、それから娘からの

連絡は無くなるのでした。😢


では、また!。

ゴールド

娘は今度はゴールドの

ブレスレットが今日 

流れてしまうと言い出します。





そうです。

こんやんが買ってあげた

ブレスレットを勝手に

預けて8000バーツを娘が

借りた期限が今日だと!。


しかし、娘はお金がないから

取り戻せないと言います。


しきりにお金無いアピール

をして来ます。




こんやんにお金を払って

もらいたいのでしょう。


送って来た紙と、本人が

IDカードをもって8240

バーツを払わないと

ブレスレットを取り戻せ

ないそうです。


こんやんは取り合えず

こんやんが払っても

良いと伝えます。


しかし、娘はゴールドショップ

には一緒に行けるけど

こんやんの部屋には

行けないと言います。


言ってる事はブレスレット

だけを取り戻したいだけ

なのです。


流石にこんやんでも

その提案には

乗れません!。


キッパリ断ります。


娘に散々文句を言って


お金は払えないと

伝えると、娘から


Never mind(気にしないで)と


呆れてしまいます。


払えないならもういいよ!。

って感じです。


そして娘とはこれで
 
終わっと思っていました!。


しかし、数日後

懲りない娘から

また連絡があるのでした!。


では、また!。










時計

翌日娘から連絡があります。

こんやんが買ってくれた時計

が無いと!。





娘が心配しているのは

こんやんではなく時計です。


時計は娘がこんやんの

部屋に忘れて行ったので

知っていました。


でも、わざと荷物には

入れませんでした。



娘も何も確認しないまま

荷物を持って行ったので

文句を言われる筋合い

はありません!。


こんやんはキッパリと

全て娘が悪いと言い切り

ます。


すると、娘は逆ギレして

来ます。


今まで、買ってもらった物を

取り上げた男はいなかった!。


こんやんが初めてだと。


そして、こんやんの事を

最悪な男だと罵倒します。


この言葉過去にも何度か

言われています。


みんな自分勝手です。


おっさんの気持ちを利用

して、買って上げたのに 

返せとか言うと、物凄く

怒りだします。


貰った物は自分の物なので

返さないとポリスに言うと

まで言い出します!。


とても悲しい気持になります。


しかし、それだけではなく

娘はとんでも無いことを

言い出すのです!。


では、また!。








住む所がない

翌日娘は、あなたのせいで

住む家が無くなったから

部屋を借りるお金が欲しいと

無茶苦茶言ってきます。


こんやんは約束を守らない

娘が悪いとキッバリ言います。


すると、もうこんやんとは
 
話したくないから夕方荷物を

取りに行くと言います。


しかし、夕方と曖昧な返事

なのでこんやんは時間を

ハッキリしろと伝えます。


日本人は時間にうるさい

からキチンと時間を決めろ

と言ってやります。


すると18:00に友達と一緒に

取りに行くと言います。


そして、何時ものように昼飯

を食べに行った後、部屋に戻ると



娘から連絡があります。


16:00に行っても良いかと!?。


こんやんはOKと伝えると
  
何時もなら時間通り来ない

娘が16:00に現れます。


コンドのカードとキーを

返して貰らい、荷物を

渡します。


娘はこんやんに謝る事なく

そそくさに荷物を持って

いなくなりました。


なんかモヤモヤしている
 
こんやんはその夜イサーン
 
ディスコではっちゃけるの
 
でした!。





そして、翌日娘からまた連絡が  

あります。


それを心配するか!?。


では、また!。
 
 







三度は無い

娘からのビデオ通話には

友達と思われる女性が

手を振っています。


そして娘の口から友達の
              
イサーンに帰るとチケットが

取れなかったので、今日も  

行けないと言い出します!。


流石に二度はあっても三度は 
 
無いと思い怒りがこみ上げて
 
来ます。


直ぐにビデオ通話を切って
  
もう二度と来るなとメッセージ

を送ります。


これはこんやんのエゴかも

しれませんが、今まで何度も

困っているからとお金を

与えて、ムクダハーンまで

行って娘の家族のために

色々してあげたのに友達を

優先させるのかと!。





もう飲むしかありません!。

 
そして、娘に散々文句の

メッセージを送り、荷物を

取りに来いと伝えます!。


しかし、娘は強気です!。

謝ってこんやんにすがる事

なく明日荷物を取りに
 
行くと言います!。


娘としたら文句ばかり言う

面倒くさい日本人です!。


こんやんと言うATMが

無くなるだけで何も損は

しません!。


そんな考えだから同じ事を

繰り返すんだよ!。


と言われそうですが


確かにパタヤに出稼ぎに

来ているイサーン娘は

子供がいて親の面倒

を見ている娘が多いのは

事実です。

 
彼氏より友達の優先順位が

上なのも知っています。 


しかし、こんやんは日本人です。

約束を守らない娘を

許す事が出来ません。


二度までなら許せますが
 
三度はありません!。


もう娘を信用する事は

出来ません!。


そして翌日、娘は逆ギレ

して怒り出すのです!。


では、また!。




同居の準備

翌日から普段の生活に戻ります。

娘は今日はあなたに会いに行くと

メッセージが来ます。


こらからはあなたとのずーと

一緒に居ると言います。


そして、夕方娘から連絡

があります。


しかし、今日も友達が一緒に

居て欲しいと言うので

今夜も行けないと言います。


そして、明日には友達が

帰るので明日、荷物を

持ってあなたの部屋に

行くと言います。


だから明日は車で来て

欲しいと言います。


しかし、こんやんは明日は

ゴルフなので荷物を

取りに行けないので

これから取りに行っても

良いかと聞くとOKと

返事があります。


こんやんは車で娘の

家の下まで行きます。


娘は少ない荷物を持って

現れます。





そして、娘の荷物を部屋に

あげます。


こんやんは荷物を入れる

スペースを作ったり

洗濯したり娘が来る

準備をします。









そして翌日ゴルフも終わり

食事会をしている時に

娘からビデオ通話が来ます。


こんやんは今日何時に

来るのかと聞くと娘から

信じられない答えな

あるのでした!。

では、また!。

パタヤに戻り

ムクダハーンを9時頃

出発してひたすら走ります。


途中ガソリンスタンドで

休憩したり給油したり

食事したりして約10時間!。


帰りは検問があっても

無理やり罰金を取られる

事なくパタヤに19時頃に

無事到着します。





今回の総走行距離は

約2100キロでした!。


そして、その夜は疲れた

ので何処にも行くことなく

久しぶりにやる事をやって

寝ます!。


そして、翌日こんやんは

歯医者の予約があるので

家を出ます。


娘は友達が来ているので
 
一旦部屋に帰ると言います。


歯医者が終わって久しぶり

のラーメンを食べます。





とても美味しく完食します。


その夜、娘から今夜は

友達が一緒にいて欲しい

と言うので明日あなたに

会いに行くと連絡が

あります。


こんやんは友達が来てるなら

仕方がないなとOKをだします。


しかし、その日から

状況は一変するのでした!。


では、また!。













パタヤへ

最終日の朝がやって来ます。

ニワトリの大きな鳴き声で

起こされます。


娘は日曜日の朝は近くの   

お寺に行くと言います。


5時に来ると言っていた水は  

まだ来ていません!。


流石タイです。


約束の時間は守りません。


仕方がないので先に

お寺に行きます。


食べ物や水を持って

行きます。





お寺に行くと近くの住民

が集まって来て持ち寄った

食べ物を2人分に分けて

丸テーブルに並べます。


何故2人分なのかその時は

分かりませんでしたが 

しばらくすると、お坊さん

が2人やって来ます!。


お坊さんに食べ物を渡して

一人ひとり水やカオニャイ

を渡します。


こんやんは膝が痛いので

膝歩きは辛いです。


来た時と帰るときに

座ったまま手を合わせて

から3回床に頭を下げて

手を床に付けます。


そして家に戻ると水を

入れる業者が来ています。


1回に1000リットルまで

なので2往復します。


1000リットルで150バーツ

らしく2000リットルで

300バーツです。


手持ちのお金が足りなかった

らしくこんやんに要求して

来ます。


どんだけ~!。


それでもタンクに水が

入ったのでポンプの電源

を取ってシャワーから水が

出るのが確認します。


そして無事シャワーが出るのを

確認し、こんやんは水シャワー

を浴びます。


お湯が出ないので朝の水

シャワーは少し寒いです。


タイでも寒い時期はあるので

その時はどうするのかと

聞いて見たら、答えは

簡単でシャワーは浴びない

そうです。


そして、朝食を食べてから

お別れの時がやって来ます。


5日間お世話になったので

母親に3000バーツを渡します。


こんやんはこれで4人目です。

娘の親にお金を渡すのは。


タイでは当たり前のようです。


サヨナラを言ってパタヤに

向けて走りだします。


10時間のロングドライブの

始まりです。


しかし、娘とはこれから
 
またトラブルが発生

するのでした!。


では、また!。






シャワー

娘はこの場所は水道が

来ていないから水を

買っていると言います。


確かに外には1000リットル

入るタンクが置いて

あります。


しかし、水浴びのポリバケツ

にいちいち水を貯めないと

行けないので面倒くさい

と言います。


そして、本題を話し出します。


シャワー用のタンクが欲しい

と言い出します!。


水を入れるタンクなんか

安いだろうと思い見に行く

事にします。


またまた10Kほど走り

ホームセンターみたいな

所に母親と娘と娘の子供を

連れて向かいます。


到着すると、そこには

沢山のタンクが並んで

います。








子供はゲームいつも

しています。


そして、1000リットルの

タンクかと思えば少ない

から2000リットルがいいと

言います!。


それにシャワーと蛇口

がセットになってるやつ

とポンプを欲しがります。


全部で12000バーツほど

です。


娘はこんやんにタンクは

2500バーツぐらいだから

高くないと言ってたのに

やられました!。


ポンプが高かったのと

2000リットルのタンク

にしたから高くなった

ようです。


しかし、今更払えない

とは言えません!。


カードで決済します。


そして家に戻って

しばらくするとタンク

がやって来ます!。


ソファーもそうでしたが

すぐに持ってきます!。


設置はどうするのかと

思ったら母親の弟が

建築関係らしく設置

してくれます。


しかし、途中でパイプが

足りなくなったりして

10K離れたホームセンターに

行ったりします。


周りに車を持っている

親戚がいないようで

こんやんの車が大活躍です。


そして設置が終わり

水を入れるのを待つ

だけになります!。


設置が終わったのは

もう夜だったので

翌日の朝5時に水を入れに

来るそうです。


ゴゴゴ時と思いながら

家族が周りにいるので

やることもやれず

眠るのでした!。


さてさて、シャワーは

出るのでしょうか!?。


では、また!。








手桶で水浴び

またまたムグダハーンの

ロビンソンに向かいます。


BigCもあるけどロビンソンが

大好きです。


ロビンソンに到着して

娘は靴屋を物色します。


その間子供たちはゲーム

コーナーで遊んでいます。


サンダルなんでなんでも

良いのかと思ったのに

人の金なんでこだわりが

凄いです。


靴を売ってるところを

くまなく確認して、最新作

のシャレたサンタルを

欲しがります。


お値段なんと1200バーツ

です。


サンダルごときに約4200円

自分で買うなら100~200バーツ

でしょう!?。


ムグダハーンに来てから

食事だなんだて、ガソリン代

も入れれば結構な出費です。


ガソリンはE20と言う日本

にはないエタノール20%

の混合ガソリンを入れてる

ので多少は安いですが


往復4回は満タンにしないと

いけません。


そんなこんやんのフトコロ

を気にする事なく買物が

終わると、帰りにケンタッキー

を欲しかったりします。





そして、帰りにこんやんに

クイッティアオを作って

あげるからと、市場によって

肉や、クイッティアオに

必要な食材を買います。


もちろん支払いはこんやん

です。


そして家に戻り、シャワーは

ないので、バケツに貯めた

水を手桶で救って水浴び

します。


そして娘は最後に大きな

お願いをして来ます!。


これ以上は勘弁してよ!。


では、また!。

ムクダハーン観光2

翌日、娘の子供は学校に
 
行かないようです。


どうやら少し遠い、娘も 

行った事のない所に
 
行って、タンブンしたい

ようです。


こんやんは写真を見せられ

なんか凄そうなのでOK

と言って母親と子供を

連れて向います。


途中から弟の嫁と子供 

も乗り込んで来ます。


こんやんは運転手です。


山道を進みます。

途中穴ボコが空いてたり

するので注意しながら

進みます。


結構走ってやっと目的地

に到着します。


メコン川沿いの場所です!。





十二支のオブジェもありました。










色んな意味があるんでしょうが

白い龍です。





そこでお供え物を買って

それを持って龍の周りを

回ります。


最後にお供え物を

乗せて、お線香を持って

お祈りしてから、お線香を

刺します。





お母さんだけ、お祈りが

長いです。


こんやんに買ってもらいたい

物をお願いしてるのでしょうか!?。


その後、100Bで集合写真を

撮ります。


100Bにしてはキチンとした

額に入れてくれます。






その後、名物なのか子豚の

丸焼きを食べに施設内の

レストランに行きます。





子豚の丸焼き1200Bもします。

しかし、こんやんの財布

なので気にもしません。








ソムタムとカオパットも

注文します。


他にペプシコーラ大2本と

水大1本と氷を注文します。


みんな水よりペプシコーラが

大好きです。


こんやんと娘だけ水を

飲みます。


子豚の丸焼きの部位を

見ると気持ち悪くて

食べられない所

もあります。








食べ切れない豚はお持ち帰り

します。


お支払いは当然こんやんです。


お腹がいっぱいになったので

帰るのかと思えば娘が
 
サンダルがボロボロだから

買いに行きたいと言い出します。


仕方がないので、そこから

またムクダハーンの中心部に

向かうのでした!。


人の財布だと思って

勝手な奴らです。


では、また!。






映画

映画の時間を調べると18:30

からです。


パタヤではSFシネマで

よく映画を見るんですが

ムクダハーンにはなく

あるのはMajor Cine Plexです。 


パタヤだとアベニューに

あります。


娘の子供が帰って来て

母親も連れて行きます。


到着して先にチケットを
 
買います。


タッチ画面で、座席を指定

して、そのままクレジットカード

で決済出来ます。


一人200Bで4人で800Bで

タイの映画館は安いです。


まだ、時間があったので
  
先に食事します。


MKに入ります。

パタヤにはポン酢も

ありましたが、ムクダハーン

にはありませんでした。














当然金額は気にせず 

注文します。


お腹がいっぱいになって

まだ少し時間があるので

映画館は少し寒いと

余計な事を言ってしまった

ら上着を欲しがります。


仕方がないので娘の子供に

上着と母親にブランケットを

買って上げます。


そして、時間が来たので

ポップコーンを買って

中に入ります。


ポップコーンも食べ切れないほど

大きいのを欲しがります





映画は渡辺謙も出ていて

楽しめました!。


帰って早めに寝るのでした。


そして、日程はまだあるので

まだまだお金はかかるの

でした!。


では、また!。






照明

翌日ソファーで寝たこんやんは

おかげさまで腰が痛くなること
 
もなく、ニワトリの鳴き声で

起こされます!。


朝方だけは涼しいので

扇風機の風が寒いので
  
布団を掛けます。


ウトウトしてると娘の

子供が制服に着替えて  

学校に行くようです。


制服姿もとても可愛いです。


子供を見送ってから

朝食を床に座って食べます。






カオニャオと少し辛い

イサーン料理を食べてると

照明が点かない所が4箇所

あるから蛍光灯と電球を

買いに行きたいと言います。


こんやんがいる内に何とか
 
したいようです。


仕方がないので、娘と母親を
 
連れて買いに行きます。


10Kほど走ってホームセンター

みたいな所に行きます。


蛍光灯と電球を買い高い所に

あるので、脚立はあるのかと

聞くと無いと答えます。

  
脚立がないと絶対に蛍光灯は 

交換できないので、仕方が

無いので脚立も買います。


そして、家に戻って暑いので

暫く休んでからこんやんが    

脚立に乗って蛍光灯を交換

します。


しかし2箇所は交換しても

点灯しません!。


どうやら点灯管もダメの  

ようなので、またまた10K

離れたホームセンターに

向います。





そして、点灯管を購入し

帰りのカゾリンスタンドの 

中にあるAmazonでアイスカフェ

を買ってカゾリンスタンドから

道路に出るので安全を確認して

車の通過を待っている時に

後から衝撃を受けます!。


そうです。

後の車がよそ見して、ゴツンと
 
こんやんの車にオカマをほって  

来たのです!。


こんやんは直ぐに車を

停めて車の状態を確認します。


こんな時、異国だど困って
 
しまいます。


オカマをほった運転手は
 
出てきてしきりに謝って

きます。


後のバンパーが押されて  

外れていたのでたたいて

入れるとはまります。
 

保険には入っていますが

こんな時何処に電話した 

ら良いのかわからないし

娘もあてになりません。


そのうちバイタクのおじさん
 
みたいなのが現れて、たたいて

入ったバンパーを見て

こんやんの車なのにマイペンライ
 
マイペンライと言ってきます。


こんやんも面倒くさくなって

OK OKと言ってその場を
 
離れます。


とは言ったものの、家に

付いて再度確認すると

少しバンパーが曲がって
 
塗装か剥がれているので

した。😢


タイでの運転は安全運転

を心がけていますが、注意して

ても避けられない事もあるので

これからも十分注意して

運転して行きます。


しかし、イサーン地方では  

特に、日本みたいにきちんと   
 
講習しないで、5000バーツ

程で免許証がもらえてしまうので

困ったもんです。


そんな事があって娘の

子供が学校から帰って

来るとゴジラの映画が   

見たいと言い出すのでした!。


さてさてどうなる事やら。


では、また!。


 
   











ソファー

ホームセンターに立ち寄った

娘達は迷わす、ソファーの

売っている所に行きます。


フラットになるタイプの

ソファーに座って、これなら

腰は痛くないとアピールして

来ます!。


足を伸ばせるタイプのソファー

はフラットにするとこんやんが
 
一人横になって寝れます。


こんやんは悩みます。

確かに硬いベットで寝ても 
 
床で寝ても腰が痛いです。


値段は13000バーツほど

です。


そしてこんやんは決断

します。


OKだと!。


そしてカウンターで決済

すると、今日中に配送

すると言います。


パソコンの画面にストリート

ビューを表示させて場所を

確認します。


時代は確実に便利に

なっています。


それと、トイレに便座が

なかったので一緒に買って

帰ります。


そして、家に戻りしばらく

するとソファーが届くのでした!。





しかし、それだけでは

済まなかったのです。

では、また!。









ムクダハーン観光

翌日、観光に案内すると

言うので35キロ程離れた

ムクダハーンの中心部に

向います!。


娘の母親と子供と弟の
  
嫁と子供も付いてきます。


大人4人の子供2人なので

定員ギリギリです。


タイの道を走ってると  
 
やたらピックアップトラック
 
が多いのが気になります。


それにマニュアル車が

多くてやたらスピードを

出して来ます。


でかい顔して走ってます。


それに、真っ黒なフィルムを

貼ってるので中が全く見え

ない車が多いです。


なんか不気味なので後ろに  
 
付かれると直に道を譲ります。


そんなこんなで、ムクダハーン

展望台に到着します。





ムクダハーンなのかイサーン     
    
なのか、歴史博物館的な

展示もあります。





エレベーターで上に上がると

メコン川の向こうにラオスが

見えます。








展望台を後にして、食事に

近くのロビンソンに向います。


ムクダハーンのロビンソン

には日本食レストランは

なくて、寿司ビッフェだけ

ありましたが、娘たちが

選んだのはピザです。





娘たちは値段を気にする

事なく注文します。


でもパタヤの擦れた娘

とは違って食べ切れない

程の注文はしません。😁


少し残しましたが

許容範囲です。


食事が終わって買物が

始まります。


まずは、食器入れを欲しがります。


それは500B程の安い物

だったのでOKを出します。


付に電子レンジを欲しがります。

値段的には2000パーツ程

です。


電子レンジも安くなった

物です。


その程度ならOKと言うと

最終的には2900バーツの

電子レンジになりましたが。


ロビンソンでの買物を

終えて次の観光スポット

に向います。




ラオスに続く友好橋の下です。










しかし、日中は暑くて

長居は出来ません。


早めに切り上げて帰るのかと 

思ったらホームセンターに

寄ると言い出します。


恐れていた事が現実に

なる時がやってきました!。


さて、どうなる事やら。


では、また!。







ファミリー

家には娘の母親と娘の娘が
 
居ました。


娘の娘は8才でとても可愛くて
 
将来が楽しみです。


他に娘の弟夫婦とその息子

と母親のお父さん、娘の

祖父と一緒に暮らしている 

ようです。


一息付いてから、こんやんの
 
車に、母親と子供を乗せて

買物に向います。


と言っても10K程走ります。


そして、まず行ったのは

街の電気屋さんです。


そこで、扇風機とエビを焼く
 
ホットプレートを買います。

もちろんこんやんが支払います。


電気屋を後にして、近くの

市場に行きます。


そこで、肉や野菜を買います。

支払いは安いから母親が

支払います。😁


そして、家に戻って買って来た

ホットプレートでお土産で

持って来たエビを焼きます。





カニは茹でてもらいます。


すると、周りに住んでる

ファミリーが沢山やって来ます。


しかし、女集ばかりで

男集は誰も来ません。


誰もビールは飲みません。


飲むのは水だけです。

扇風機はありますが 

一人一台的な感じなので


買って来た扇風機が

こんやんが帰るまで 

こんやん専用扇風機です。


そして、夜は老け移動で

疲れたこんやんは睡魔に

襲われます。


部屋の隅にはダブルベット

が一台置いてあったので

マットは無いので硬いですが
 
掛け布団を敷いてくれたので

そこで眠るのでした。


こんやん専用扇風機からの

熱風を浴びながら。


そして、翌日こんやんの

ベットにマットが無いと

言った一言で、高い買物を

する事になるのです。


では、また!。



























遠い

検問で停められると、ナンバー 

を見て左に寄れと指示します。


近寄って来たポリスに免許証を

見せると、日本人だと分かった
  
のかスピードオーバーだからと

1000バーツを要求して来ます。


違反書類を書く事もなく
 
助手席に座ってる娘を見て

スワイスワイと言っておだてて

来ます!。


面倒くさいので1000バーツ

を渡すと、喜んだポリスは

こんやんに握手を求めて来ます。


仕方が無いので握手をして

先に進みます!。


確かに道路にはスピード制限や

カメラの標識はありましたが

レーダでもあったのでしょうか!?。


パタヤでもノーヘルや無免で

捕まってもその場で現金を
 
渡すと行けと言われた事は

よくあります。


貧乏警官に捕まるとよく

ある話です。


貧乏警官は自分のスクーター

に乗ってたりするので直に
 
分かります。


そんな事があってから

検問がある度にドキドキ

しながら、何とか約800キロ
 
弱走って到着します!。





娘の家は2階建ての木造で

周りには娘の母親の兄弟姉妹の

家が合ってファミリーが

沢山居るようです。


しかし、エアコンもなく

暑いので、一息いれてから

早々市場に連れて行かれる

のでした!。


これから何を買わされるのか 
 
怖いです。


では、また!。

ムクダハーンへの旅

香港、マカオから戻った

2日後、以前から約束していた

娘の実家のムクダハーンに

へ向います。


グーグルナビでは10時間

を示しています!。


娘は車の免許は持って

いますが、5000バーツ

で買ったらしく運転は

出来ないようです。(・・;)


仕方がないのでこんやん

一人でひたすら運転します。


タイあまり信号はなく

一般道でも100キロ超えで

走れたりします。


朝5:20分に起きて、まず

ナックルアの市場に向います。


娘のファミリーはエビ

が好きだからお土産に 

したいそうです。





4Kのエビとカニを少し買って 

保冷箱に氷を入れて運びます。


支払いはもちろんこんやんです。

全部で約1500バーツ程です。


そこからシラチャー経由で

7号線の高速を走り

バンコクを抜けるのかと

思ったらナビはチェチュンサオ

方面に行けと指示します。


高速を降りて、後はひたすら

一般道を走ります。


タイのサービスエリアは

ガソリンスタンドなので

トイレ休憩や食事したり

しながら進みます。

 
そして、山道を走っている時

ポリスの検問に遭遇します!。


そこで、一つ問題が発生

するのでした!。


では、また!。





帰国

香港の朝がやって来ました!。


マカオに行ってパタヤに戻ら 
 
ないといけません。


前日に買っておいた、マカオ空港
 
に近いタイパ行きのチケット

の出港時間は9:30なので

それまで、ホテルの風呂に

浸かってゆったりします!。


ホテルの下が直にフェリー
 
乗り場なのでとっても

楽チンです。


チェックアウトしてから

フェリー乗り場にある

店でおにぎりを食べます。














おにぎり美味しいです。

時間が来たのでフェリーに
 
乗り込みます。


イミグレは日本人だと言うと
 
自動ゲートにパスポートを

乗せて、カメラを見るだけで

とても簡単でした!。


出国カードも必要ない

ようです。





待合室から見える景色は

香港そのものです。














1時間ほどまったりします。


到着するとイミグレまで

かなり距離があります。


結構歩いて、イミグレに
 
到着します。


結構人が並んでいます。

しかし、一人20秒くらい  

なので、直に通過します。

香港人のパスポートは

IDカードのようです!?





地図上では、空港まで歩いて
 
行ける距離ですが、歩いて

行こうしたら歩道が見つかり

ません。


  
仕方がないので、タクシーで
 
向います。



歩いても行ける距離なので   

直に到着します。

 



チェックインまでにはすこし

時間があったので、ジュースを  
 
飲んで待ちます。





シュエップスのクリームソーダ 

はなかなか美味しいです。


そして、チェックインを

済ませて食事しようと  

レストラン街に行って見ると  

ラーメンがあるので
 
食べて見ます。


関東にはないラーメン屋

でしたが、とても美味しかった

です。




 



後は飛行機に乗ってパタヤに

帰るだけです。








帰りは窓際だったので景色

も楽しめます。





離陸して、タイの入国カード

を書いてウトウトしてると

ウタパオ空港に到着します。


しかし、後ろの中国人が

イヤホンもしないで聞きたくも

ない中国音楽を垂れ流すし

大きな声で喋るので

眠る事も出来ません。


キレる寸前で我慢しました。


到着前には遠くに海が見えます。





2泊3日の短い旅は終わりです。





停めておいた車で、自宅に
 
戻るのでした。

では、また!。

ピンポン

大人のおもちゃの売っている

屋台街を物色し、夜のアイテム

を一つ購入してから
 
チムサーチョイに戻ります。





A2出口から5分程で目的の

マンションに到着します。


エレベーターに乗って最上階

8Fで降ります。


そこは、ピンクの照明が

眩しいエリアで男達が

女の子をチェックしながら

あっちこっちの部屋を

渡り歩いています。


部屋のドアにはWelcomeか
  
Please waitと書かれた札が

かかっているので、Welcome

になっている所をピンポン

すると、中から女の子が

出て来ます。


ほとんどハズレがありません。


ドアには中国語でいろいろ

アピールポイントが書かれた

紙が貼られています。


ピンポンするのが忙しくて

写真を撮るのを忘れて

しまいましたが、8Fから

3F まで6フロアーに

ピンクのエリアがあります。


値段は一律600香港ドル

約8400円です。


こんやんは悩みます。

ついついSoi6と比べて

しまいます。


部屋代と飲み代入れて

2000Bだとして、約7000円

です!。


しかし、ここでしか出来ない

やる事があります。


入りたい気持ちはあります

が昨夜からの連戦は無理

だと判断したこんやんは

もう一日欲しい気持ちに
 
なりながら、その場を後に

して、ホテルに戻るのでした。


そして香港の夜は終わるの
 
でした!。


では、また!。












香港の夜

ホテルの部屋に浴槽が

あったので風呂に浸かります。


歩き疲れた足には最高です。


しかし、浴槽が浅いので 

こんやんの出っ腹までお湯が    
 
浸かりません。😁


そして、待ち合わせの時間が
 
来たのでロビーに降ります。


雨が止んで景色も少し 

良くなっています。








夕食は友達の知り合いの
 
香港の銀行のエリートさんに

ご馳走になります。


香港の夕食は遅いらしく

18時過ぎだとまだレストラン

には顧客はまばらです。

















デザートまで頂いてお腹

いっぱいです。






帰る頃にはレストランには

沢山の顧客でいっぱいです。





レストランを後にして

近くの男人街に向かいます。





売ってる物は女人街と同じ

ですが、少し離れると

大人のおもちゃが沢山売って

いたり、チョット微妙な

たちんぼがいたりします。


そして香港の夜はまたまだ
 
続きます。


では、また!。

香港へ

フェリー乗り場までは近く
 
でしたが、雨が降っている
  
ので少し濡れました。😁








料金は165香港ドルです。
(2310円)





1時間程で到着します。

出港すると直に香港の出入カード 

が配られるので、記入して

おきます。





ウトウトしてると到着します。

  



入国はとても簡単です。

入国スタンプもありません。


今回泊まるホテルは

フェリーターミナルの上なので

エスカレーターを登るだけで
 
ロビーがあります。





到着したのは午前中でまだ

早いので、荷物だけ預けて

香港の街を散策します。


取りあえずMACで一息いれて

から歩いてネイザンロードまで

行ってみます。





チムサーチョイの駅の近くに

行ってみたいピンポンマンション

があるので、場所だけ確認して

電車で女人街を目指します





モンコックの駅を降りて

少し路地を入ると屋台街が

続いてます。


しかし、パタヤでも買える
 
物も多く、パタヤと比べると

高いのでなにも買いません。





結構歩き回って疲れます。





チムサーチョイに戻ります。

 






香港は雨模様です。


まだチェックインには

早いのでホテルのレストラン

でビールを飲んで待ちます。





そして、ホテルにチェックイン

して夜を待ちます!。


夜が楽しみです。

では、また!。

仮眠

中に入ると直に風呂があって

待機している女の子が

体を洗ってくれます。


しかし、それは有料なので 

NOと言わないと240香港ドル

請求されます。(3360円)


体洗ってくれるだけなのに

高杉晋作です。


それに頭を洗うなら追加で

同じ金額が必要なようです。


しかし、こんやんはNoとは

言えず可愛い女の子に

体を洗ってもらうのでした!。😁


友達はNoと言える男でした!。

流石です。


体を粗ってサウナや風呂に

入ってから準備してある

浴衣に着替えて奥の休憩室

に行きソファーに寝そべります。


すると、マッサージ、マッサージ

とおばちゃんが寄ってきます。


ここでもNoと言わないと

高いマッサージ代を請求されます。


そして、しばらくすると

ショータイムが始まります。


沢山の女の子が出て来ます。

そこで気に入った娘と

やる事をやるんですが

こんやんは1回目は様子見を

して、2回目に1番安い

中国人を指名します。


1階下の部屋に通され

女の子を待ちます。


後はご存知の人も多いい

でしょうが冷たいのと温かい

のが交互に来ます!。


なんだかんだやる事を

やったこんやんは友達と

休憩室に戻って無料の
 
食事をします。


しかし、これはあまり
 
美味しくはありません。

女の子を選んだので無料の

ビールが1杯付くので

飲んで寝るしかありません。


奥の寝床に行ってみると

二段ベッドのような

感じで床は硬いです。


当然熟睡はできず朝を

迎えるのでした!。

そして、まずい朝食を

食べて、風呂に行って

サウナを後にして香港に

向かうのでした!。


総額2650香港ドル

37100円パタヤに住んでると

とても高く感じでしまう

こんやんでした!。




フェリー乗り場に向かいます。


香港には何があるのでしょうか!?。


では、また!。







サウナ

こんやんのいらぬ考えで

バンカーの勝ちが続くと

5%手数料取られるし
 
そろそろプレイヤーが
 
勝つだろうと思い

プレイヤーに掛けて見ます。


すると、案の定負けてしまいます。

そんな事が続き、こんやんの  

2000香港ドルは無くなって
 
しまうのでした!。😢


友達はこんやんの負け分  
 
ぐらいは勝っていましたが。


さて、こんやんは2000香港ドル   

までと決めていました!。


これ以上やって熱くなったら  

全財産使ってしまいそうで

怖いです。


気持ちを切り替えて、事前に
 
調べておいたワルドホテル内の

イーストサウナに行ってみます。


ネットでも評判が良かったので。

 
しかし、ネット情報は古かった

らしく、総額が上がっています。


こんやんと友達は悩みます。

そこで他のサウナもチェック

すると伝え店を出ます。


そこから歩いて行ける

知ってるサウナは18サウナ

しかありません。




こんやんは2回目です。

そこには日本語を喋るスタッフ

がいたので説明を受けます。

なるほどと納得して

イーストサウナより

リーズナブルなので 
 
風呂サウナ、〇〇あり

食事、寝床ありです。


そこに、朝までいるつもりです。

ロッカーに荷物をいれて

携帯だけ持って、タオル一枚

で中に入ります。


そこにはどんな世界が待って

いるのでしょうか!?。


では、また!。







 

バカラ

バカラと言ってもバンコクや  

パタヤにある所じゃなく
   
カジノのトランプゲームです。
 
そんな事知ってるよ!。

と言ってるでしょうね。😁


さて、バカラをやるには軍資金  

の香港ドルが必要です。
  

カジノや街の両替所だと

一万円で700香港ドルを

少し切るので、ネットで

調べると中国銀行がいい  

との事で近くの中国銀行を 

探して行ってみます。


しかし、到着すると

人がイッバイで23人
 
待ちです。


そんなに待った事もないし 

面倒くさいので、銀行内の

ATMで持っていたデビットカード

で出金してみます。


すると、一回で2000香港ドル

まででしたが、出金出来たので

いくら出金されたか確認

して見ます。


すると、1万円で711香港ドル  

あります。


取りあえず4000香港ドル

を調達して、歩き疲れた

ので、喫茶店的な店を

探します。


しかし、何処にも見つかりません、


仕方がないのでホテルの
 
レストランに入ってみます。


そこで、こんやんはケーキ

を注文してします。





盛り付けが少し汚らしく

思いましたが、味はGood

でした!。


一息入れてから、カジノに 
 
向かいます!。


狙うはミニマムが200香港ドル

のテーブルです。

出目を見て行けそうな

テーブルを探してディラーに

1000香港ドルを渡して

チップに変えてもらいます。


こんやんは基本バンカーか

プレイヤーにしか掛けません!。

バンカーで勝つと、ディラーに

5 %取られます。


他にタイやペアも掛けらます。


バカラは流れに乗るのが  

大切です。


こんやんは買ったり負けたり

しながら、なかなかチップを

増やす事が出来ません!。


さてさて、どうなる事やら。

では、また!。















マカオ

ウタパオからマカオは約 

2時間40分です。


離陸してマカオは入国カードも  

無いので、ウトウトしてると

あっという間に着陸態勢に 

入ります。


そして、難なくマカオ国際空港

に着陸します。


マカオは小雨でした!。


パタヤより気温も低く

24℃位なので快適です。


そして、ホテルの無料
 
シャトルバスに乗って

ベネチアンホテルへ

向かいます!。


もちろん泊まるわけではなく

無料だから観光です。😁







ベネチアンホテルの中に入ると

ベネチアーンって感じで 

とても豪華です。

 













異国感満載です!。


そして、カジノです!。

写真撮影は出来ませんが

スロット以外はほぼバカラ

ばかりです。


中国人と思われる人たち

でいっぱいです。


最低ミニマムが

300ドル、500ドル、1000ドル

の所があって300ドルでも

その日のレートが約14円なので

4200円です。


それが負ければ一回で無くなる

ので、勝てば大きいですが

こんやん的にはポイペトの

最低ミニマム100バーツ約350円

と比べると勇気がいります。


ベネチアンでの勝負は止めて

今夜泊まる予定の、ワルドホテル

にタクシーで向かいます。


本当はフェリー乗り場行きの

無料シャトルバスで行きた

かったんですが見つける 
 
事が出来ませんでした!。


ベネチアンホテルからは

橋を渡って15分位かかります。


タクシーの料金は100ドルを

超えて少し高いです。


マカオのホテルには

カジノが常設しているので

勝負の前にまずは

腹ごしらえです。


ホテルの近くを散策してみると

ゴールドショップが沢山

あります。


しばらく飯屋を探して

いると、数件見つけます。


時間的になのか、顧客は

だれもいませんでしたが

美味しそうなメニューに

つられて入ってみます。




まずは青島ビールです。





牛肉と唐辛子の炒め物

少し辛くてビールに

よく合います。






麻婆豆腐に水餃子ビールが

ススム君です。


そして、お会計240ドルです。

一人120ドル払って満足して

店を出ます。


そして、バカラで勝負てす。


さて、どうなる事やら!?。


では、また!。








スポンサードリンク

Copyright © それでもパタヤが俺を呼ぶ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]