FC2ブログ
パタヤが好きで、早期退職して移住した親父の日記

やる事をやるには

パタヤは暑期に 

入ったようです。


5月下旬までは

暑い日か続きそうです。


日中のゴルフは

きついです。


パタヤに戻って

早い1ヶ月が過ぎ

リタイヤメントビザも

更新したので

少し飛ばし過ぎました。


急にやる事を

やろうとしても

いう事を聞いて

くれなくなりました。


いままで効いていた

Chuやバリフも

ダメです。


困ったこんやん

流石に年には

勝てないのか!?。


そんな事は

無いはずです。


ユーチューブを

見るとEDは

病気のサインとも

言われてます。


血流の問題です。


確かにこんやんは

高血圧気味です。


運動や食生活に

気を使わないと

いけません。


日本にいる間に

8キロほど減量

しましたが

パタヤに戻って

2キロほど

戻って来てます。


その原因として

18時以降の食事

運動不足

等が上げられます。


パタヤ生活の中で

釣りやゴルフ後の

食事会は18時以降に

なってしまい

美味しいから

ついつい食べ過ぎて

しまいます。


なのでタイで売ってる 

ダイエットサプリ

を食事前に飲んだり 

してます。





運動はこれだけ。😁





TVを見ながら

ブルブルするだけ


SIXPADも少々





お腹の出っ張りは

減りません。


まだまだ効果は

ありませんが


最近ちょっと

良かったのが

コーヒーです。








飲むと男性ホルモン

テストセロンに

作用するようです。

飲むといい感じに

なります。


後、日々飲んでるのが

亜鉛、クラチャイダム








それと最近始めたのが

EDに効果のある

運動です。


さてさて

どうなる事やら


では、また!。


















  

ソイボンコット

知ってる人は

知っている

パタヤの昼過ぎから

遊べる通りです。


Soi6は有名ですが

ここは、お口好きには

楽しい所です。





技術が必要なので

なかなか個人差が

出ますがこみ上げる

技術の持ち主に

出会えると

やる事をやるより

至福のひと時と

なります。


下手くそは

直ぐにやる事を

やりたがりますが

答えはNoです。


やめるかやられるか

です!。


時に我慢して

夜に備える時も

ありますが

それを越えて

来られると

感動物です!。😁


そんな娘に会えるか

今日も昼過ぎから

フラフラと

出掛けるので

です。


でも元気にならにきゃ

なにも意味がないので

そこを研究している

日々でもあります。


その話は次回にでも


では、また!。







2月なったら

パタヤに戻ったけど

まだ夜の街は

やっていません!。


馴染みの娘が

仕事がないから

呼べばやって来ます!。


こんやんの

基準からは

既に外れている

娘だけど良い

仕事をするので

贅沢は言って

要られません。


長い事やる事を

やっていません!。


おかけで2回も

やる事をやって

しまいました。


そして、とうとう

2月に入ると

夜の街の復活です。

23時までの限定

ですが。





OPENしたバーは

半分以下だけど

心がワクワクします。


しかし空気は悪いので

マスクをしていないと

外に出ると咳込んたり

喉が痛くなったりします。


ビュースポットに

行っても遠くが

スッキリ見えません。





パタヤに戻ったら

やる事は釣りに

ゴルフ、健康管理

にサプリメントに

カッチカチにする

試行錯誤!。😁


日本で買ってきた

男性ホルモン

グローミン





効果はイマイチ

わかりませんが

長い目で見たいと

思います。

最近はコーヒーが

よさそうです。😁





これを飲むと

いい感じに

やる事をやる時に


カッチカチです。


夜はパトロールして

ある日ソイハニーで

見つけます。





18歳ビッチピチです。

しかしその日は

レディースデー

と言われます!。


よく断られる

口実に使われます。


娘は明後日来いと

言います。


LINEも交換して

明後日に行くと

既に辞めていました。


しかしダメ元で

LINEをして見ると

こんやんの部屋に

行くと言います。


場所を教えて

時間を約束します。


その時こんやんは  

ちょっと後悔します。


娘のIDを確認して

いなかったから

本当に18歳なのか?
 

万が一怖いお兄さん

が出て来て

脅かされるの

ではないか等

色々と頭をよぎります。


そんな事を

考えいたら

約束の時間が

来て娘が到着

したと連絡が

あります。


こんやんは

恐る恐る

コンドの入口に

迎えに行くと

一人ZOOMERに

乗った娘が

いるので

周りを見渡して

から部屋に案内

するのでした。😁


こんやんの

考え過ぎでした。


まだまだ何も

できませんが

最高でした!。


さてさて

これからどんな

事が起きることやら!?。


では、また!。











ストレス

病室に寝たまま

連れて行かれて

いままで我慢していた

尿意を放出したく

個室にはトイレも

あるし看護婦さんに

お願いすると

今日は立つことは

禁止されてるから

ここでしろと

言われて尿瓶を

渡されます。


歩けるから

トイレに行かせと

と言っても聞いて

もらえません。


取りあえず

チャレンジ

してみます!。


しかし寝たまま

尿瓶に如意棒

を突っ込んでも

でる気配が

ありません。  


尿意があるのに

出せない

爺の辛さが

身にしみます。


その事を

看護婦に伝えると

なんとかベットの

横にたって尿瓶に

する事を許可

されてやっと

放出する事が

出来るのでした。


何とも言えない

開放感です。


その夜は既に

深夜2時頃だった

ので尿瓶を看護婦

さんに処理して

もらって朝食は

ジョーク(お粥)で

いいかと聞かれ

よく知らんからOK

と答えて眠るしか

ありません。


しかし手には点滴を

してるし付き添って

くれた友達の爆音で

なかなか眠りに

つけません。


そんなこんなで

ほとんど眠れないまま

パタヤ初日の朝を

病室のベッドで

迎えます。









個室からは海も

見えます!。




まずはカード会社の

連絡先を調べて

現在の状況を

伝えてキャッシュレス

対応出来るか確認します。

一旦電話を切って

しばらくすると

キャッシュレス対応

出来て病院にも連絡

したから安心するよう

電話があります。

これで、お金の心配

しなくても大丈夫です。


そしてしばらくすると

朝食が運ばれて

来ます。

旨くもない

お粥を少し

食べてから

トイレ行こうと

してベットを降りようと

するとピーピーピーと

凄い音がします。


逃亡禁止なのか

お金を払わないで

逃げるファランも

いるそうです。


直ぐにベットに

戻っても鳴り止みません!。


すると直ぐに看護婦が

やって来て

どうしたのかと

聞かれます。


トイレに行きたいと

伝えるとまたベットで

尿瓶にしろと

言われます。


しかしこんやんは

大丈夫だからと

言って看護婦に

お願いしてなんとか

一人でトイレに

行きます。


そしてベットに

もどって点滴は

もう終わっていたので

外してもうと





看護婦がシャワーを

浴びるから一緒に

行こうと言われます。


え、なにか起きるのか

と思いシャワールーム

の前に行くと全部

脱げと言われます。


言われるまま

スッポンポンに

なるとシャワールームの

椅子に座れと

言われます。


そうです。

看護婦さんが

洗ってくれるのです。


あそこは自分で

洗えと言われたけど

若い看護婦なら

如意棒か伸びる

ところでしたが

そんな気にも

ならないベテランの

看護婦さんでした。😁


歯も磨いて

スッキリして

ベットに戻って

ウトウトしてると

今度は日本人が現れて

病院に保険会社から

連絡があったので

書類に必要事項を

書いてくれと言われます。

バンコク病院パタヤには

日本人が常時3人

いるそうです。

その日の検査内容などは

医師と一緒に来てくれて

全部説明してくれます。


今日の検査結果に

問題が無ければ

夕方退院していいと

言われます。


しかし検査は午後から

だと言うのでスマフォを

見て暇を潰します。


そして検査の時間が

来てエコーとベットに

括り付けられて

体に吸盤を付けられて

垂直になったりして

心電図を取られる

検査をして

結果的に問題は

無いと言われます。


そして病室に

戻って遅い昼食を

食べます。





検査の為に昼食を

食べる時間が

遅れたので

冷めてます。


しかし病室には

電子レンジも

あるので看護婦さんが

温めてくれます。


正直旨くは

ないので少しだけ

食べます。


そうこうしてると

主治医の女医と

通訳の日本人が

現れて総合的にみて

検査にも問題は

無いので退院しても

いいと言われます!。


結局隔離の

ストレスと久しぶりに

飲んだ酒とやる気

薬の影響で血流が

脳に流れて血圧が

急激に低下した

ようです。


そんなような

事を言ってました。


もし病院に行かないで

血圧を上げる

点滴をしていなかったら

部屋で意識を無くして

死んでいたかもしれません。


その場にいた

人達にはとても

お世話になり

感謝しております!。


なわけで、着替えて

帰ろっとしていると

夕食が運ばれて

来たので食べたばかり

だけど勿体ないから食べて

病院を後にするの

でした!。





そしてやっと

自分の部屋で

眠りに付く事が

出来るのでした。


次の日から

開放された

こんやんは

どう行動するのか。


では、また!。























隔離が終わっても

バンコク病院パタヤに

転送されることに

なったこんやん!。


まず最初に

確認されたのが

お金が払えるかです。?


日本から戻った

ばかりだから

カード保険が使えると

伝えると今度は

Covit-19の陰性証明書

を見せろと言ってきます。


パタヤに住んでると

言えば問題なかった

のですが、カード保険の

話から陰性証明書が 

ないと転送出来ないと

言い出します!


仕方がないので

こんやんの部屋に

来た事のある

娘と友達に

取りに行って

もらいます。


ついでに入院に

なるかもしれないので

着替えも持って来て

もらうよう頼みます。


こんな時は

LINEのビデオ通話

は約にたちます。


過去の娘が

女がいないか

ビデオ通話を

掛けてくるのとは

わけが違います。😁


そして友達が戻って

陰性証明書を

見せるとそこから

救急車が手配がされて

バンコク病院パタヤ

から救急車が

やってきます。


こんやんは

寝かされて

救急車に

乗せられます。





そこには

スタッフ二人に

女医一人が

乗っています。


日本でも乗った事の

ない救急車にパタヤで

乗るとはまたまた

貴重な体験です。


サイレンを鳴らして

バンコク病院パタヤ
 
まではあっと言うです。


救急車を降りると

そのままMRI検査

を受けます。


今度は本格的な

MRI検査です。


頭を固定されて

15分動くなと

言われて耳センを

突っ込まれて

ヘッドホンを

されます。


こんやんは閉所恐怖症

ぎみなので恐怖です。


しかし若くて

可愛い看護師だったので

よからぬ想像をして

爆音の中15分目をつぶって

耐え抜きます。


MRIが終わると

今度はレントゲンを

取られます。


その後集中治療室で

血圧やら心電図やら

測定されます。


その後医者がやって来て

頭には異常はないけど

今夜は入院して

明日再度検査をするから

と言ってきます。

 
流れで仕方が

ありません。

そして看護師が

電話を持って来て

出ろと言うので

電話に出ると

日本語で話かけて

来る女性の声です。


そうです。

お金の話です。


その時既に

深夜なので

カード保険が

本当に使えるか

明日電話して

確認して欲しいと

言われ、明日まで

入院したら

約6万バーツが

かかり入院が

1日延びると

1日2万バーツ

かかると言われます。

わかったと

答えると

しばらくして

また電話に出ろと

言うので電話に

出ると日本語を

喋る女性から

取りあえず3万バーツの

デポジットを払えと

言ってきます。

ATMまで行かないと

ないと言うとカードで

良いと言うので

カードを渡すと

カード決済する

やつを持って来て

暗証番号を

押せと言ってきます。

そして明日

キャッシュレス

決済がOKになったら

破棄すると言います。


こんやんは

話は出来るから

いいものの

具合が悪かったら

どうなることやらと

思いながら

そんなこんなで

深夜2時頃やっと

病室に連れてかれます。

その病室も

友達が付き添って

くれるならと言う

条件付きです。


一人なら完全看護の

場所だと言うので

友達にお願いして

付き添って

もらう事にしたのです。


しかしまだ試練は

続くのです。


では、また!。























スポンサードリンク

Copyright © それでもパタヤが俺を呼ぶ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]