FC2ブログ
パタヤへなど、パタヤが好きで、早期退職して移住した親父の日記

パタヤへ

最終日の朝がやって来ます。

ニワトリの大きな鳴き声で

起こされます。


娘は日曜日の朝は近くの   

お寺に行くと言います。


5時に来ると言っていた水は  

まだ来ていません!。


流石タイです。


約束の時間は守りません。


仕方がないので先に

お寺に行きます。


食べ物や水を持って

行きます。





お寺に行くと近くの住民

が集まって来て持ち寄った

食べ物を2人分に分けて

丸テーブルに並べます。


何故2人分なのかその時は

分かりませんでしたが 

しばらくすると、お坊さん

が2人やって来ます!。


お坊さんに食べ物を渡して

一人ひとり水やカオニャイ

を渡します。


こんやんは膝が痛いので

膝歩きは辛いです。


来た時と帰るときに

座ったまま手を合わせて

から3回床に頭を下げて

手を床に付けます。


そして家に戻ると水を

入れる業者が来ています。


1回に1000リットルまで

なので2往復します。


1000リットルで150バーツ

らしく2000リットルで

300バーツです。


手持ちのお金が足りなかった

らしくこんやんに要求して

来ます。


どんだけ~!。


それでもタンクに水が

入ったのでポンプの電源

を取ってシャワーから水が

出るのが確認します。


そして無事シャワーが出るのを

確認し、こんやんは水シャワー

を浴びます。


お湯が出ないので朝の水

シャワーは少し寒いです。


タイでも寒い時期はあるので

その時はどうするのかと

聞いて見たら、答えは

簡単でシャワーは浴びない

そうです。


そして、朝食を食べてから

お別れの時がやって来ます。


5日間お世話になったので

母親に3000バーツを渡します。


こんやんはこれで4人目です。

娘の親にお金を渡すのは。


タイでは当たり前のようです。


サヨナラを言ってパタヤに

向けて走りだします。


10時間のロングドライブの

始まりです。


しかし、娘とはこれから
 
またトラブルが発生

するのでした!。


では、また!。






TOPムクダハーンパタヤへ

スポンサードリンク

Copyright © それでもパタヤが俺を呼ぶ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]