FC2ブログ
ブロックした娘など、パタヤが好きで、早期退職して移住した親父の日記

ブロックした娘

非常事態

宣言で

職を

無くした

人の

ために

パタヤの

街の

あちら

こちらで

食べ物や

時には

お金

まで

配って

います。


家を

無くした

浮浪者

も増えて

います。


そんな中

ブロック

していた

娘が

少し

気になったので

ブロックを

解除して

生きてるかと

メッセージ

を送って

みます。


すると

少しして

返信が

あります。





一気に

メッセージ

が送られて

きます。


死にかけて

るから

3万バーツ

貸して

欲しいと!。

ひたすら

お金だけを

欲しがり 

ます。


こんやんは

そうじゃ

ないだろ

パタヤに 

いるのなら

他に

する事が

あるだろう

と思います。


しかし

娘は

そんな

こんやんの

気持ち

など

理解

しようとも

せず

借用書

を書くから

とにかく

お金を

貸して

欲しいと

懇願 

してきます。


あなたの

部屋に

行っても

いい?

の一言が

ありません。


仕方が

ないので

こんやんは

部屋に

来るかと

聞いて

見ると
 
娘は

直に

行くから

とりあえず

銀行に

振込めと

言います。


その手に

乗るかぁ!。


こんやんは

メッセージ

返信しません。


すると

鬼の連打

お金貸して

メッセージ

が来ます。


そして

こんやんは

またまた

ブロック

するの

でした。


今日も

夕陽が

綺麗です。




では、また!。




TOPパタヤブロックした娘

スポンサードリンク

Copyright © それでもパタヤが俺を呼ぶ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]